MENU

変形性膝関節症の方が0脚のなることが多いのはなぜ

変形性膝関節症の初期、進行期、末期と3段階に分かれており、進行期に入ると、膝がO脚の原因について紹介していきます。

 

 

変形制膝関節症は痛みを自覚するようになれば、ある程度、進行している状態です。

 

つまり膝の痛みが気になり、病院にいくときは進行期になっています。

 

 

進行期になると、関節軟骨のすり減りは、かなり進んだ状態です。
関節の隙間は狭く特徴的な骨棘や骨提などの骨の変形も進行していきます。

 

 

そして、膝の使い方に癖がでてくるこで、膝が曲りO脚やX脚になったりします。

 

O脚は立った時に両方の膝が外向きに開き、
X脚は膝の内側が接して脚がX時のように、曲がっている状態です。

 

 

膝がO脚に変形するこで、
膝の下の骨が内側に向きに曲がってくる為に、膝を完全に伸ばすことがきなくなります。

 

変形性膝関節症が更に悪化することで、
膝の骨が増殖し、膝の変改が進むとO脚の度合いもひどくなってきます。
X脚も流れを同じで、X脚の度合いがひどくなってきます。

 

0脚対策