MENU

変形性膝関節症は運度が大事な理由

変形性膝関節症の悩みといえば、
膝を使う動作で痛みを感じてしまうことです。

 

その為に、薬などで、膝の痛みを摂るのではなく、膝を使いやすい状態に戻す。
膝の痛みを治しておくことが大事です

 

変形性膝関節症になる大きな原因は、膝の使い過ぎです。

 

なので、膝を使わないように、すれば悪化することはありません。
しかし、膝を使うことを避けていては膝を支えている太ももの筋力は更に弱まってきます。

 

筋力が弱まれば、膝への負担は更に大きくなっていきます。
膝を使って動けるようになるこが、目的ですから、膝を使いながら治していくことが必要です。
つまり運動療法です。

 

 

運動療法オススメ3選

 

筋力up

膝への負担を少しでも少なくするために、体重を支えている、大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)を鍛えるトレーニングをする

 

ストレッチ

膝の可動範囲を維持するストレッチです。
痛みがでたら、無理せずにやめることです。無理に膝を曲げたりすことで、余計、膝に負担がかかってしまうからです。

 

歩く

ウォーキングを習慣にして、痛みがでない範囲で膝を使い運動することが大事です。
歩く距離が多いほど、筋力がついていい、歩く量が少ないから駄目などは関係なく。個人差がありますので、膝に負担がかからないことを前提に行うことが重要です。

 

 

変形性膝関節症には運動はするにあたって、無理をしないで継続することがもっとも重要です

 

運動量法をした後にサプリ