MENU

膝に水がたまりやいのは変形性膝関節症の可能性が高い

トップページ変形性膝関節症の前期と初期にが膝に水が溜まりやし状態です。

 

膝のみず(関節液)といいます。

 

膝の水は、膝を覆っている滑膜で分泌されて、
吸収されるようになっていて、関節液は一定の量で保たれいます。

 

では、なぜ関節液が増えるかと言いますと、
関節軟骨が傷ついたり、すり減ったりした時に、
壊れたしまった軟骨のかけらなどの、有害な刺激物が滑膜を刺激して、炎症を引き起こすことで、関節液の分泌を促進するようになっています。

 

こうなることで、一定の量の関節液の量のバランスが崩れ関節内に関節液が溜まる状態を関節水症といいます。

 

関節液には、有害物を分解するための分解酵素、有害物を排除する為の、リンパ球や白血球が多く含まれています。
炎症が収まることで、滑膜が関節液を吸収していくので、関節液も減っていきます。

 

 

このことからわかるように、膝の軟骨がすり減ってくることで、変形性膝関節症の症状として、関節液がでる(膝に水がたまる)ことが多くなってくるわけです。また変形性膝関節症が進むことによって、関節軟骨の壊れがひどくなってくると、関節液の量が急に増えてきることもあります。その時は膝が重く感じたり痛みがきつくなってきたりします。

 

関節軟骨を改善する北国の恵み