MENU

何歳から起こりやすい?変形性膝関節症の悩み

変形性膝関節症は中高年に多い病気です。
何歳からのなるのか?誰でもある程度の年齢になるとなってしまうのか?と思えばそうではないんですよ

 

 

老化現象

変形性膝関節症は老化現象と思われていますが、そうではありません。
変形性膝関節症は中高年に多いですが、若いこらから発症する人もいるのです。

 

 

筋力低下

中高年の方が変形性膝関節症になる方が多いのは筋力が大きな原因です。

 

膝の動きをコントロールしているのは太ももです。
個人差はありますが、40歳を過ぎたころから、太ももの筋力低下しますが、大半の人は筋力の低下に気付かないで、今までの同じような行動、スポーツや日常生活を送っています。

 

 

最後に

太ももの筋力が十分にあるときは、激しい動きをしても、関節軟骨の負担を筋肉が補っていたいましたが、筋力が低下した中高年になっても、若いことろと同じように動くことで、筋力が関節軟骨の負担を補えなくなることで、軟骨の負担が大きくなってしまうことで、関節軟骨が傷んでくるです。

 

 

心臓や臓器は病期をしないでも年齢を重ねることで、機能は低下していきます。
しかし、変形性膝関節症の場合は軟骨の損傷で起こります。
軟骨が損傷しなければ、健康な様態を維持できるとゆうことなんです。

 

変形性膝関節症には北国の恵み